ビジネスローン解説ナビトップ > 税金未納での借り入れは無理

税金未納の状況でビジネスローンの融資を受けるのは不可能

ビジネスローンに限らず通常の銀行融資や住宅ローンでもそうなのですが、審査の前に融資条件があり、その中に「税金の未納がないこと」というのが融資の審査を受ける大前提としての条件に挙げられます。

融資を受けたいと考えた時に税金の未納がある場合は、例えどんなに決算書の内容が良い場合でも、ほとんどのケースにおいて融資が不可能になってしまいます。

また税金の未納を隠していたとしても、「納税証明書」の提出が必要となりますので、どんなに隠そうとしても絶対にバレてしまい融資を受けることができません。

例えばですが、ある会社の事業が軌道に乗って利益もしっかりと出し、決算書の数字も大幅にアップしたところで、事業を拡大しようということでビジネスローンに申し込みをしてみたら、審査の前に融資を断られてしまったというケースも少なくありません。

このケースでなぜ断られてしまったのかというと、この会社の決算書はとても優秀だったのですが、商品の売り上げを売掛にしていた為に、書類上の数字はアップしているものの取引先の支払いが遅く、会社に現金がなくなってしまい気がつくと税金を滞納してしまっていたのです。

ビジネスローンでは決算書が非常に重要となりますが、いくら申し分ない内容の決算書でも、金融機関も商売ですので税金を納めてない会社など信用できないということで、問題外と見なされ審査すらしてくれないのです。

融資を受けたいと考えるならば、審査を申し込む前にまずは税金を完納する以外に方法はなく、税金がどうしても払えそうにない場合は消費者金融などノンバンク系の金融機関から借り入れしてでも納税はした方が良い場合もあるでしょう。

税金の未納というのは、ビジネスローンで融資を受ける受けないの問題ではなくて会社の直接的な評価にも繋がりますし、何よりも税金を支払うのは義務ですので絶対に未納だけは避けるよう、経営者の方は常日頃から資金繰りに気を配る様に心掛けなくてはいけませんね。


ビジネクスト 【全国で4万人以上の利用実績&最大1000万円の融資が可能】

ビジネクストは、個人事業主や中小企業をサポートするために2001年1月に設立された金融サービス会社で、これまでに40,000人を超える事業者への融資実績を誇ります。

利用限度額は100万円以上の場合だと実質年率8.0%〜15.0%で、100万円未満の場合は実質年率13.0%〜18.0%となっており、融資額は最高1,000万円で可能で、資金使途も事業の範囲内であれば自由に利用することができます。

ネット申し込みから郵送で完結しているので来店不要ですし、原則無担保・無保証人で融資を受けられるので数多くの事業者から支持を得ています。

商号利息(実質年率)融資額
ビジネクスト株式会社8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
1万円〜1,000万円
※新規取引時は上限500万円

必要事項を記入するだけなので3分で申し込みが完了。併用やつなぎ融資としての利用にとても便利です。

ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.