ビジネスローン解説ナビトップ > 有担保のビジネスローン

大きな資金を借り入れできる有担保ビジネスローン

ビジネスローンは、原則として無担保となっているのがほとんどなのですが、それでも有担保のビジネスローンは存在します。

無担保のビジネスローンでの借入限度額はある程度決まっていますので、より多くの資金が必要となった場合でも追加融資は不可として新たに別のビジネスローンの申し込みが必要になりますが、有担保のビジネスローンは不動産を担保として融資を受けますので、無担保のビジネスローンにはない高い借入限度額を得ることが可能です。

また不動産を担保として提供すると、固定の低金利で借り入れができますし返済期間も長くなるというのが大きなメリットでしょう。

提供する担保は不動産以外にも、売掛金の債権を担保する事業者もいますが、売掛金の債権を担保とした場合は不動産を担保に提供した時に比べると、それほど大きな借入限度額を得ることはできませんし、返済期間も短くなってしまう傾向にありますが、それでも無担保ビジネスローンに比べると借入限度額は充分大きいです。

他にも、診療報酬を担保にしている場合もありますが、これは保険医療機関の経営者に限定されますので、一般企業では担保にできません。

有担保ビジネスローンは、大きな資金が必要となった時でもまとまった借入が可能で、しかも低金利で返済期間も長いという無担保ビジネスローンにはないメリットがあります。

しかしデメリットも存在し、有担保ビジネスローンを申し込んだ場合は、担保にするモノの価値を鑑定しますので、それが不動産だった場合は抵当権の設定などをしなくてはいけなくなりますので、無担保ビジネスローンでの数日で完了するようなスピーディーな審査ではなく、緊急を要する資金調達はできません。

さらに返済不能の場合は、担保を処分されてしまうというデメリットがありますので、大きな借り入れができる反面、リスクを背負わなければいけないビジネスローンだと言いえるでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.