ビジネスローン解説ナビトップ > ビジネスローンの融資資格について

ビジネスローンを借りるための融資資格・必要条件

運転資金や会社立ち上げの開業資金を、ビジネスローンで融資を受けることでまかないたいとお考えの、自営業の方や個人事業主の方も多くいらっしゃると思います。

しかしビジネスローンと聞くと審査スピードが早いことから、中小企業の事業者なら誰でも簡単に融資を受けることができると思われがちなのですが、ビジネスローンは誰でも融資を受けることができる訳でもなく、利用するには必要条件があります。

このビジネスローンで融資を受けるには、提供している銀行などが設けている融資条件を満たしている融資資格をもった事業者の方しか受けることができなくて、この資格は提供している銀行などで多少違いはありますが、一般的とされている条件を挙げるとすると、「しっかりと税金を納めている事」、「債務超過でないこと」、「業歴が2年以上であること」が大きな条件になっており、反対にいえばこの3つの条件を満たしていれば融資の資格があるといえるでしょう。

ではなぜこの3つが融資条件の大きなポイントになるのかというと、ビジネスローンでの融資を申請する際は提出書類に、「納税証明書、2期分の決算書、貸借対照表」の3つが必要となり、審査はこれらの書類を使ってのスコアリング方式での審査となりますので、この3つの条件のうち1つでも不備があってしまうと、コンピューターのデータベースから信用性がないと判断されてしまい、自動的に必ず弾かれてしまいますので、先述した3つの条件が揃ってないと、そもそも融資の資格がないいうことになります。

したがって事業を開始したばかりの会社や、2年以上の業歴がある会社でも負債額が資産を上回ってしまっている場合や未納税金があると、一切ビジネスローンで融資を受けることができません。

また信販系のビジネスローンでも、2期決済書や確定申告書などの提出書類が必要となる会社も多くありますので、信販系のビジネスローンの融資資格でも同様のことがいえるでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.