ビジネスローン解説ナビトップ > つなぎ融資について

運転資金や一時的な資金繰りの悪化などを凌ぐためのつなぎ融資

資金繰りの悪化などで資金がショートしてしまいそうな場合や、これから先も会社として売上を伸ばしていくことを考えると、売掛けばかりをしている企業の場合は、つなぎ融資の借り入れして一旦まとまった運転資金を補う必要があるケースは多々あります。

そもそもスムーズに売上が上がっているのに、なぜつなぎ融資を受けなければいけないのかという疑問を持つ事業者もいると思いますが、売掛けの場合は代金が支払われるのは1ヶ月先や、長い場合は数ヶ月となることもしばしばあります。

しかし代金の支払が後になっても日々の取引はあり、売り上げが発生すれば取引先に商品を卸さなければいけませんので、そのような時の商品の仕入れや製造に掛かる費用というのは、必然的に自己資金で賄わなくてはいけなくなります。

そのような状態ですと、経営者が思っているよりもずっと早く、会社の資金はドンドン目減りしていき、たとえ順調に売上が発生していたとしても、その分運転資金は不足してしまうことになりますので、最悪の場合は赤字ではないのに日々の資金繰りの悪化によって倒産してしまう場合もあるのです。

つまり売掛けによる収益がメインの会社というのは、売上に反比例して自己資金は減ってしまうというケースが非常に多く、そのような時にやはり取引先からの入金が後になる場合は、つなぎ融資を受けるということは非常に重要なのです。

そもそもつなぎ融資とは何かを説明すると、まとまった運転資金の確保ができるまでの、短期的な借り入れのことを指します。

先述した売掛のケースのように、取引先からの入金が後になってしまう場合に備えて、入金されるまでの間において、日々の業務を行うだけの運転資金をつなぎ融資で補う場合は、前もって取引先の金融機関に相談しておくことが何よりも重要なのです。

たとえ借り入れが可能だったとしても、資金がショート寸前の状態でつなぎ融資をお願いしたとしても、融資実行までには必ずタイムラグが発生してしまい、どうしても1ヶ月ほどはかかってしまいますので、ショート寸前で申し込みをしたとしても間に合いません。

そのような状態にならないためにも、経営者は常に資金の出入りには目を光らせて、もしもつなぎ融資が必要になるかもと思われる状況であれば、苦しくなる前に取引き銀行など金融機関に相談をしておく必要があるのです。

しかし事前に相談していても、取引先の経営悪化や倒産してうなどで売掛けの回収ができないケースなどもなくはないので、そんな時にも耐えられるようにノンバンクの融資内容など様々な手段を先回りして調べておくことも重要になるでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.