ビジネスローン解説ナビトップ > 特別清算について

破産手続きよりも簡易でスピーディーな特別清算

特別清算とは破産手続きと同じような性質を持った、清算型の会社法での倒産手続きになるのですが、破産手続きと同じような性質を持っている一方、適用対象や手続き終了までのスピードなどの部分に異なった特徴があります。

特別清算にどのような特徴があるのかを説明すると、まず倒産や解散した会社が清算手続きを行った時に、債務超過に陥っている状況などが要件を満たしていることになることに関しては破産手続きと同じなのですが、特定清算では要件を満たした適用者を株式会社に限定されていますので、特別有限会社や個人事業主では、特別清算を申し立てすることはできません。

次に適用者が申し立てを行い、裁判所の監督下で清算業務を遂行するのですが、破産手続の決定時のような破産管財人の選任はありませんので、財産の管理や担保の換価など必要な手続きは清算人が行います。

この時の清算人は、債務者(経営者)以外にも会社の株主から選任することができるので、破産手続きでは株主は所有している株に価値がなくなり、泣き寝入りをするしかありませんが、特別清算では株主も清算に関わることができますので、債権者だけでなく利害関係にある株主でも財産の分配を受けとることが可能となります。

その他にも、特別清算は裁判所の監督下によって行われるものですが、破産手続きほどの厳格さはありませんので、清算手続きの時間を長引かせることなく、簡易的且つスムーズに進めることに重点が置かれています。

そして特別清算も破産手続きと変わりなく、手続きをすることによって結果的に破産していることには変わりがないのですが、会社法による破産手続きとなることから破産という言葉を使われることがありませんので、世間的には倒産したというマイナスイメージよりも、会社の負債を整理したという風に認知される点があります。

特別清算は、債務者と債権者などの関係者との協議の結果によって弁済が行われますが、総債権者の4分の3以上の同意が必要となり、同意が得られない場合は申し立てすら不可能ですので、全ての債権者が納得のいく協定案を考える必要があります。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.