ビジネスローン解説ナビトップ > ビジネスローンに担保は必要ない

ビジネスローンは従来の銀行融資とは違い、担保の必要はない

これから初めてビジネスローンで融資の申し込みをしてみようと考えている方の中には、「担保が無いけど審査には通るのか?」と心配になってしまう方もいるのではないでしょうか?

たしかに従来の銀行融資を受ける際には、必ずと言っていいほど担保が必要となっていましたので、担保がない場合はそれだけで融資を受ける事ができないといってもいいでしょうが、ビジネスローンは従来の様な銀行の融資とは違い担保が必要となることがなく、ビジネスローンで融資を受ける事業主の人的担保さえあれば、審査をしてもらえます。

ではなぜビジネスローンの審査において担保が必要ないのかというと、従来の銀行融資とは融資を行うかの判断の本質が違う点にあります。

そもそも、従来の銀行融資は低金利で融資を受けることができ、融資枠もビジネスローンに比べると高く設定されており、返済期間も長期になっている場合がほとんどとですので、銀行融資では1社ごとに担保を設定することで貸し倒れが無いようにしていました。

ですので審査の基準も、会社が倒産してしまった場合でも返済ができるのかどうかという点に重点を置いてきましたが、ビジネスローンにおいては返済できるかということ事よりも、融資できるかどうかという点に重点をおいて融資の可否を決めていますので、担保は全く必要が無いのです。

ここでビジネスローンの場合、会社が倒産してしまったら貸し倒れするのでは?と疑問に思うかもしれませんが、ビジネスローンでは貸し倒れの対策も当然ながらしっかりとしていて、会社が倒産したり返済不能の状態になってしまっても、あらかじめ金利・融資枠・返済期間などで担保がなくてもまかなえる様に設定していますので、結果的にビジネスローンで融資を受ける際には、担保を必要としないのです。

しかし有担保のビジネスローンは完全になくなってしまったわけではなく、こちらは主に不動産を担保にした不動産ビジネスローンと呼ばれる商品が多くなり、不動産ビジネスローンは、通常の無担保ビジネスローンに比べると低金利で融資枠も高く設定されており、返済期間も長期と従来の銀行融資に似た内容となっています。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.