ビジネスローン解説ナビトップ > ビジネスローンの申込に必要な書類

ビジネスローンの融資の申し込み時には、どんな書類が必要か?

ビジネスローンで融資を申請する場合に必要となる書類にはどのようなものがあるか説明すると、これは申し込みをする金融機関によって異なってきますが、

・2期〜3期の決済書
・納税証明書
・商業登記簿謄本
・印鑑証明書
・住民票

などが一般的に必要となる書類です。

事業計画書や返済計画書が必要なのではと疑問に思う方もいると思いますが、ビジネスローンは通常の銀行融資などの審査方法とは違い、機械的なスコアリングでの審査方法となりますので、事業計画書や返済計画書などを提出する必要はありません。

ビジネスローンの申請に必要となる書類は、他の事業融資に比べるととてもシンプルですが、必要書類に目を通した際に税金の未納があったり、債務超過であったり、事業を開始して一定年数を経過していなかったりすれば、当たり前ですがビジネスローンの申請をすることはできません。

ビジネスローンだから簡単に借りられると勘違いされている方もいるかと思いますが、当然のように一定の融資条件があり、逆に言えばしっかりと納税もしていて、債務超過も出していない、事業を開始して一定年数が経過している事業者の方は、誰でもビジネスローンの融資の申請をすることができるのです。

そしてビジネスローンの審査では、申請の際に提出した必要書類が最も重要となり、その必要書類の中でも最も審査のポイントになるのが決算書になり、この決算書で全てが決まってしまうと言っても過言ではありません。

これはなぜかというと、ビジネスローンの審査では決算書に書かれたことをコンピューターに入力するだけで、融資の可否や金利はどうするか、融資枠をどうするか、返済期間はどうするかなど全てが自動的に決まってしまうからです。

ですので必要書類を提出する際に、いかに内容の良い決算書を作れるかどうかが、何よりも重要になってくるのです。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.