ビジネスローン解説ナビトップ > 私募債について

私募債は企業や投資家から融資を受けれてイメージアップにもなる!

私募債とは投資家から再建を発行して資金調達をする債券の1種で、50人未満の特定少数の適格機関投資家などに払込みと引き換えに発行する社債のことです。

銀行を1度通してから融資を受ける銀行借入れとは違い、企業や個人投資家など資本市場から直接、融資を受ける方法を活かした金融商品となっています。

中小企業がこの方法を活かす場合には少人数私募債が向いており、この少人数私募債は、50人未満の金融機関や取引先・経営者個人など会社と関係のある縁故者に社債を発行することで融資をしてもらう制度となり、条件に問題がなければ比較的簡単に資金調達が可能になる方法なのです。

この私募債の特徴としては、企業のイメージアップになる点や資金調達に必要になるコストが分かりやすい点で、実際には銀行保証付私募債がほとんどである点などが挙げられます。

従来において私募債の発行を行う場合は、もろもろの厳しい条件をクリアしなければ発行ができなかったので、条件が緩くなった現在においても私募債が発行できる企業は、優良企業とみなされますので、企業としてのイメージをアップすることができます。

また発行した際にかかる金利は固定金利となる場合がほとんどですので、資金調達に必要なコストが分かりやすく、金利は後払いとなりますので資金繰りの面でも負担が少なくリスクを抑えることができます。

しかしこの少数私募債は実際には銀行が私募債を引き取り、発行企業が債務不履行になった場合に代位弁済をする代わりに、保全として保証料などの保証をとられている銀行保証付私募債のケースが多いということで、実質的には銀行を通すことになり銀行で借入れするのと変わらないえるでしょう。

ただ先述したように、通常の銀行借入とは違って企業のイメージアップにも繋がりますので、財務状況が良い場合は資金調達の際に1度検討してみるのも良いでしょうね。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.