ビジネスローン解説ナビトップ > 資金繰りの悪化・運転資金の確保

資金繰りが悪化している時は銀行よりも積極的に支援してくれる公的融資がおすすめ

会社経営は利益を上げることができている場合は、十分な運転資金も確保ができているので、資金繰りにも困らず何の問題もないのですが、ひとたび業績が悪化してしまって、赤字が続いてしまうような状況だと、毎月ごとに会社の資金繰りに頭を悩まされてしまうような経営者は星の数ほどいるでしょう。

また利益を考えるよりも実績を作りたいということでとにかく売上ばかりに目を向けてしまう場合や、しっかりと売上が上がっていたとしても入金の選択肢を売掛けばかりを選んでいると、売上が現金化するまでに時間が掛かってしまう為に、商品の仕入れなどで会社の運転資金が減ってしまい、そのことが原因で資金繰りが悪化してしまうというケースも非常に多々見られます。

このようなケースに陥って資金繰り状況の悪化が長く続いてしまってるのにただ指をくわているだけでは、最悪の場合倒産してしまうこともありますので、普段から如何にして運転資金を確保するか考えておくことが重要になるのです。

そこで資金繰りが悪化してしまっている状況の対処法として、多くの事業者は金融機関から運転資金を確保するために融資を受けることを考えると思うのですが、そのように状況が悪化している中で借り入れをしたいと思っても、当然ながら金融機関は二の足を踏み、融資に対しては消極的になるでしょう。

ですので大事なこととしては資金繰りが悪化しそうな局面を前もって予知して、早めに今後の運転資金をどの様に、どこで融資をお願いするのかを考えて迅速に行動する必要があるのです。

融資と聞くと多くの方はまず銀行を検討すると思いますが、銀行融資の審査は主に決済書の内容を重視して可否を判断しているともいえますので、経営状況が芳しくない場合だと銀行から借り入れするのは困難ですので、そのような時は政府系金融機関での公的融資にお願いするのが良いでしょう。

公的融資は、「審査が厳しいく借り入れが難しい、時間が掛かってしまう」と言う噂を耳にしたこともあるかもしれませんが、実際には銀行での融資が受けにくいとされる中小企業の事業者に対して、できる限り支援するために数多くの融資制度を用意されています。

このように公的融資にはセーフティーネットの役割も担っていますので、どうしても資金繰りが悪化してしまった場合などは、一度検討してみることをおすすめします。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.