ビジネスローン解説ナビトップ > 節税はスコアリングを悪くする

ビジネスローンを借りたいなら節税のしすぎに注意!

ビジネスローンに限らず他の金融商品での融資を考えた場合、節税のやりすぎというのは仇になってしまう可能性が高いです。

経営者の中には税金を多く払うくらいなら、経費で落とせるものはできるだけ落として、少しでも節税しようと考える方が多いと思いますし、確かに節税をすることで、会社にお金が増える訳ですから、会社にとっては良いことの様に感じてしまいます。

当然のことながら節税をすることは決して悪いことではないとは思いますが、経営状態は常に良い時期を維持できるとは限りません。また税金というものは会社が得た利益にかかるものなので、節税した場合は会社の利益を減らしているということでもあります。

良い時期を継続して維持できる会社はいくらでも節税をしてもいいと思いますが、ほとんど会社は上手く行く時と行かない時がありますので、会社の資金が少なくなっている時は、ビジネスローンなどで融資を借り入れなければならない状況があるかと思います。

ビジネスローンでの審査は、一般的に2期分の決算書でのスコアリング審査となりますので、節税をやりすぎて利益が少ない会社の決算書には、必然的にスコアリングの合計点が悪くなってしまいますので、融資を借り入れることができない可能性もあるということです。

融資を受けることと節税をするということは、正反対な考え方になりますので、特にビジネスローンを今後申し込むかもしれないと想定している場合などは、節税はなるべく避けた方がいいかもしれません。

利益が上がれば上がるほど税金は高くなってしまいますが、行き過ぎた節税をしなければ自己資本を増やすことができますし、資金調達がしやすくなりますので会社の未来への保険だと考えること。

またビジネスローンでの融資を前提に考えているなら、常にスコアリングのことを頭に入れながらも、経営に支障をきたさない程度にバランスよく節税をするように心掛けると良いでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.