ビジネスローン解説ナビトップ > 日本政策金融公庫の記事一覧

日本政策金融公庫の詳細な情報を並べていますので、必要な情報を以下から選んで下さい

こちらのページは、当サイトにおける「日本政策金融公庫」に関する様々な記事の一覧を紹介しているカテゴリページになります。

銀行やその他の金融機関とは違い、経済の発展・向上を目的として国が運営している金融機関になりますので、金利などによる営利を目的としていませんので、個人事業主や小規模な企業などはもちろん、他の金融機関ではどうしても敬遠されがちなこれらかスタートを切る新規事業者に対しての融資に関しても、丁寧に対応してくれます。

また日本政策金融公庫は一定した固定金利ですので、資金調達の安定やその後の事業の見通しがしやすく、さらに銀行などでは密な取引をしている優良企業にのみ設定している低金利を小規模な事業者でも受けることが可能です。

このように申し込む側にとっても非常に大きなメリットがたくさんある、日本政策金融公庫をさらに1つ1つ詳しく紹介していますので、以下の項目から自信に必要なページを選んで参考にしていただければと思います。

金利は固定金利!
日本政策金融公庫での融資に対する金利は、契約時に決めた一定の金利を払い続ける固定金利が採用されており、他の金融機関の変動金利のように利率の変動がないので、力の弱い企業には大きなメリットがあるでしょう。


銀行より借りやすいの?
日本政策金融公庫が銀行よりも融資を受けやすく借りやすいと言われているのは、銀行のような営利を目的とした金融機関ではなく、国民経済の発展や向上を目的とし国が運営している金融機関だからなのです。


多くの融資制度から何を選べばいいの?
日本政策金融公庫が実施している融資制度は種類が多く迷うかもしれませんが、代表的な普通貸付がほとんどの場合で当てはまり、また融資担当窓口に直接向かって相談すれば、さらに合った融資制度を教えてもらえるでしょう。


ズバリこんな会社に貸したい!
国が運営している日本政策金融公庫においても貸したい会社というのはあり、それは定める業種かつ分かりやすい業務内容であること、資金使途がはっきりしていることなどが挙げられます。


こんな会社には貸したくない!
積極的な融資を行って企業の支援を目的としている日本政策金融公庫でも貸したくないと思う会社はあり、これは融資対象ではない場合やビジネスプランが分かりにくい会社、事業計画がなく資金調達の理由も明確ではないなどが挙げられます。


融資までの一連の流れを紹介
日本政策金融公庫で融資を受けるざっくりした一連の流れは、窓口か電話で相談して借入申込書をもらって記入後に必要書類と共に提出し、融資担当者との面談後に可否が連絡されるという流れになります。


申し込む際の必要書類
融資制度や個人・法人によって異なるが、日本政策金融公庫で申し込みをする際の必要書類としては、借入れ申し込み書・決算書・確定申告書、登記簿謄本などがあり、また設備投資や不動産担保の場合は、見積書や不動産の登記簿謄本などが必要です。


普通貸付について
多くの事業者の方が利用している、日本政策金融公庫の普通貸付を解説。申し込みの条件としての融資資格や担保・保証人について、または金利や返済期間や資金使途など普通貸付の詳しいところを紹介しています。


マル経融資について
日本政策金融公庫のマル経融資の解説ページ。無担保・無保証人でも借り入れできる人気の制度融資なのですが、そのマル経融資についての申し込み条件・金利・返済期間・資金使途などの詳しい情報を紹介しています。


新創業融資制度について
日本政策金融公庫の新創業融資制度の解説ページ。これから創業する新規事業者や起業まもない方でも無担保・無保証人で借り入れできるメリットの大きい制度融資として人気。そんな新創業融資制度についての申し込みの融資資格や細かい条件・返済期間・資金使途などの詳しい情報を紹介しています。


第三者保証人等を不要とする融資
日本政策金融公庫が実施している第三者保証人等を不要とする融資を紹介。融資は受けたいが担保や第三者保証人が提供できない事業者に人気の融資制度について、申し込み資格・限度額・返済期間などの詳細を解説。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.