ビジネスローン解説ナビトップ > 制度融資について

制度融資は各地域の地方自治体が担当者になり融資の斡旋を行ってくれます

制度融資は、各都道府県の市区町村の地方自治体が事業者の資金調達をサポートする目的とした制度となります。

もう少し詳しく説明すると、中小企業や創業まもない事業者などの経営の安定や、設備投資を図る際に必要な事業資金を低金利で利用できるように、融資の斡旋をその地域の地方自治体が行なってくれるということです。

この融資の内容なのですが、これは各都道府県にある市区町村の地方自治体によって異なっているのですが、融資の斡旋を受ける為には地方自治体が管轄する場所に所在がある企業に限定されています。

ここで勘違いされがちなのですが、制度融資は地方自治体が融資を行なうのではなく、融資の窓口は普通銀行など金融機関で、各地方自治体から預かる預託金を用いて融資を行うのです。

融資資格の設定や審査の可否の基準などは、各地方自治体の担当者が判断しているという特徴を持っていますので、先述したように融資の実行は銀行が行なうのですが、審査の判断は各自治体の担当者になりますので、通常では融資が難しいとされる企業でも積極的に融資を受けられて、かつ政府系の金融機関の事業者融資の様な低金利での利用が可能なのです。

この制度融資を受ける為の条件はそれぞれ異なるので一概には言えませんが、基本となる条件は、まず第一に中小企業である事が前提で、制度融資を実施している各地方自治体の地域に所在がある中小企業や会社創設をする方、また税金をしっかりと納めている事や過去に融資を銀行などで受けた事がある場合は、返済に延滞が無いなどの条件が挙げられます。

大きなメリットとしては、やはり低金利で借り入れをすることができる点や、難しい創業時での融資も受けられる点が挙げられ、デメリットとしては政府系の事業者融資に似た性質があるので、融資の実行まで時間を要してしまう点や、審査までに必要な書類を揃えたりする手間が掛かってしまう点が挙げられます。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.