ビジネスローン解説ナビトップ > ビジネスローンの審査はスコアリング

ビジネスローンの審査はどのような方法で行われているか?

事業資金の融資を受けるためには、銀行担当者が細かく会社の経営状態や財務状況、保証人や担保をどうするかなどとても細かい審査をイメージしてしまいますが、ビジネスローンでは原則として、保証人や担保も審査には必要ありませんし従来の様な細かい審査もありません。

また大手銀行のビジネスローンを新規に利用する場合でも、細かい審査はありません。

確かに誰もが融資を受ける場合の審査のイメージ通り、従来の審査方法では融資の審査担当者が申請者の財務状況や経営状態などを個別にこと細かく調べて、担保をどうするか、保証人を立てることができるかなど、融資可否の審査の際に調査をしていましたので、融資までにかなりの時間を要していました。

しかし現在のビジネスローンの審査方法は、スコアリングシステムになっており、簡単に審査が完了できるようになっており、ビジネスローンの人気の理由の1つでもあるスピード審査も、このスコアリングシステムを導入したことで可能となったのです。

このスコアリングシステムは何かというと、これはビジネスローンを提供している金融機関独自のデータベースに、融資を申請した事業者の会社の決済書をパソコンに入力するだけで、統計的データに基づき企業の信用度を点数化して融資の可否が決定する審査システムです。

またこのスコアリングシステムは、申請した企業のの事業年数や企業属性などの属性情報、信用情報期間による借り入れの金額などをもとに、点数化してグループに分けて与信リスクを算出していますので、「融資枠」、「金利」、「返済期」を一瞬で決定することができるのです。

この様なことから、信用度の点数が高ければ高いほど融資枠が高くなったり、金利が低くなったり、返済期間も長くすることがことが可能になりますので、ビジネスローンの審査では、会社に有利な条件で融資を受けることができるような決済書作りが鍵になるといえるでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.