ビジネスローン解説ナビトップ > 債務超過での借り入れは無理

債務超過の状況でビジネスローンの融資を受けるのは不可能

通常の銀行融資では債務超過の場合、融資を受けることが難しいということは、ほとんどの経営者の方がご存じだとは思いますが、ビジネスローンの場合も全く同じで債務超過の場合は、融資を受けることがかなり難しくなってしまいます。

むしろビジネスローンの場合は、融資を断られてしまうと言い切っても過言ではなく、これはビジネスローンの審査では個別の融資担当者も居ませんので交渉などもできませんし、スコアリングシステムという方法でコンピューターが決算書の内容を分析するだけで融資の可否を判断しますので、このシステムの場合は債務超過ですと即刻アウトになってしまいます。

税金の未納と同じで、ビジネスローンにおいても債務超過はどの様な事情があったとして問題外と見なされてしまいます。

ビジネスローンは通常の銀行融資とは違い、融資先の会社に「融資できるかできないか」で判断していますので、比較的に借りやすいとされていますがそれでも債務超過の会社はあっさりと弾かれてしまいますので、ビジネスローンでの融資を受けたいと思うなら、何がなんでも債務超過を出さないようにしなければいけないのです。

しかし債務超過は会社の経常赤字が積み重なった結果、資本金以上に赤字が膨らんだ状態ですので、これを改善するということは非常に難しいとは思いますが、やはり安定した利益を上げる続けられるよう、少しづつでも改善していかなければいけません。

また決算書の内容が良かったとしても、決済書の内容に含み損益表というものがあり、会社の利益が上がっていてもトータルでマイナスの場合は、債務超過と判断されてしまう場合がありますので、注意が必要になります。

債務超過が出てしまったけどどうしても融資が必要という場合は、会社の資本金を増資によって増やすと良いとされており、溜まってしまった赤字以上に資本金を増やすことで、状況としては債務超過は消えますので、ビジネスローンを申し込んだとしても債務超過と判断されることはないでしょう。

ですが増資をしたからといって絶対に融資を受けられるというわけではなく、債務超過によって機械的にはじかれてしまう状況から、融資を受けやすい状況になっただけと考えておいた方が良いでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.