ビジネスローン解説ナビトップ > サービサーへの債権売却

支払い困難な場合は金融会社はサービサー(債権回収業者)に債権を売却される

銀行や信販会社など金融機関で、融資を借り入れた債務者の返済が困難になってしまった場合や会社を倒産させてしまった場合、債権者である銀行や信販会社は回収が難しくなってしまった債権の損失を抑えるために、サービサーという業者に債権を売却することがあります。

これは1999年に施行されたサービサー法に伴い、今までは弁護士のみが行うことができていた債権管理回収業務を、法務大臣の認可を受けた銀行系や信販系などの企業でも債権回収できるようになったのですが、その債権回収を行う業者のことをサービサーといいます。

現在では、法務大臣の認可を受けて100社以上のサービサーが債権の回収業務を行っています。

それではなぜこのサービサーに債権が売却されてしまうのかというと、まず一番の理由として返済が滞ってしまった不良債権を少しでも消化することにあり、この増加した不良債権をそのままにしておくといつまで経っても処理ができませんので、サービサーに売却することでスムーズに不良債権の処理が可能になるからです。

その際に不良債権を売却する金融機関は、債権を時価でサービサーに売却することで不良債権は金融商品となり、サービサーはできるだけ安価な値段で不良債権を買い取り、債務者から債権を額面に近い金額を回収することができれば、その分の利益を獲ることができるということなのです。

この様に債権が譲渡されてしまうと債権者はサービサーに変わってしまいますので、返済が困難になった債務者や倒産した会社の事業者は、金融機関が債権者の時にはなかったような厳しい返済を要求されてしまう可能性が高いのです。

債権の譲渡は主にまとめ売りされるので、すぐにサービサーから連絡が来ない場合もありますが、連絡がないからといって返済を怠っていたりすると給料を差し押さえられたりするケースもありますので、サービサーに債権が譲渡された場合は放置せずに、早めに債務に付いて話し合いをすることをおすすめします。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.