ビジネスローン解説ナビトップ > リスケジュールを申し出る

返済できない状態になったらダメ元でリスケジュールを申し出る

ビジネスローンでは、決算書を基にしてスコアリングの合計点から融資の可否・融資限度額・金利・返済期間のなど条件が全てが決まってしまいますので、融資が可能になった場合でも決定された融資内容は、どの様な事情があっても変更することができませんし交渉することもできません。

ですのでビジネスローンで融資を受けた場合、返済もきちんと決まった期間以内に全ての借入金額を完了しなければいけないというきまりがありますが、中小企業の事業者の中には資金繰りが悪化してしまい、返済したくても期間以内に完済することができないという方もいます。

その様なケースでも、原則としてビジネスローンでは債務のリスケジュールは不可能なのですが、ビジネスローンを展開している銀行の中には、リスケジュールの交渉を受け入れてくれる銀行もあるようで、ある会社が返済期間内にビジネスローンでの借入を返済できなくなってしまったので、ダメもとで銀行にリスケジュールの交渉を行った結果、返済期間の延長が受け入れられたというケースもあるのです。

このように、原則として返済期間の延長は認められないといっても、銀行も債務者が倒産や自己破産までされてしまうと回収が不可能になってしまいますので、ダメもとでリスケジュールの交渉を行なえば、もしかすると銀行によっては受け入れてくれることもあるかもしれません。

ただし相手もプロですので、リスケジュールを申し出る場合は何度断られても根性で頼みこむことが大切かもしれません。

また交渉が通ってリスケジュールができたとしても結果的に金利は膨らんでいきますので、いかに債務圧縮をして返済期間を延長できるというところも重要ですので、債務整理に強い弁護士などに相談してから、リスケジュールの申し出を行なった方が良いでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.