ビジネスローン解説ナビトップ > プロパー融資について

担保・保証人・実績が必要なプロパー融資

プロパー融資とは銀行が本来行なう融資のことを指し、信用保証付き融資のように信用保証協会の保証付きの融資とは異なり、銀行が単独で融資を実行して、損失のリスクも負う融資となるのです。

また銀行の事業者向けの融資には、他にもビジネスローンなどがありますが、融資条件や審査方法が違いますので、ビジネスローンもプロパー融資とは異なる金融商品となります。

プロパー融資での借り入れは、ビジネスローンよりも融資限度額が高くなり金利も低金利となります。また返済期間も長くなりますが、プロパー融資で借り入れを申し込む際には、不動産などの担保や第三者連帯保証人が必要になる場合があるのが、ビジネスローンとの違いです。

また審査もビジネスローンの様に、決算書だけの審査ではありませんので厳しくなりますし、融資実行までにどうしても時間がかかってしまいます。

ですので、創業したばかりの事業者がプロパー融資の申し込みをしても実際に融資を受けることは難しく、それなりに銀行での借り入れや返済の実績が必要になるということで、今までの付き合いがなかった会社ですと全く信用がありませんので、その状態で銀行がプロパー融資を実行することはかなり難しいでしょう。

中小企業の事業者の方で、ビジネスローンではなくプロパー融資で銀行から借り入れたいという場合は、まずは信用保証付き融資で借り入れをしてから、少しづつ実績を積み重ねていくことで、将来的にはプロパー融資の対象となることは可能です。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.