ビジネスローン解説ナビトップ > 任意整理について

債権者と交渉し債務の減額や返済期間の延長をする任意整理

任意整理とは返済が困難になった事業者が、債権者に債務の減額や返済期間の延長などを承諾してもらうことで、企業独自で事業を建て直す方法を指すのですが、再生する以外にも特別清算の前に任意整理を行い、企業を解散する場合にも使用される方法でもあります。

任意整理は破産手続・民事再生・会社更正など、裁判所を通して行われる倒産法や再生手続きとは違い、会社単独で債権者と交渉を協議することから私的整理とも呼ばれています。

任意整理のメリットとしては、裁判所を通さないため手続きが比較的簡単で、結果が出るまでに時間がかからないということと、任意整理は破産とは異なりますので、世間的にマイナスイメージが付きにくいことなどがあるでしょう。

しかしメリットがある反面デメリットもあり、裁判所を通しての法的な手続きではありませんので、債権者全員の拘束が不可能になってしまいます。ですので債権者との交渉が上手くいかなければ、必然的に任意整理をすることはできません。

ですので再生を目的とした任意整理を成立させるためには、債権者を納得させることができる再生計画や返済計画を考えることが何よりも重要で、あからさまに無謀な再生計画や返済計画では、債務者を納得させることはできませんので、現実的に達成することができる計画案の作成をしなければいけませんし、会社の債務を清算する場合でも同様に、債権者に納得してもらうことができる様に、公平に財産の分配を行う必要があります。

また任意整理をする場合は、会社が債務超過に陥っていると手続きができませんので、その場合は法的な民事再生などの再生手続きや破産手続きを選択するしかありません。

この様に、任意整理での債務の減額や清算を考えている事業者は、何よりも債権者を説得することができるかどうかで会社の今後が決まってきますので、前もって弁護士や司法書士など専門家と話し合いを重ねて、しっかりと計画を事前に立てておく必要があるでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.