ビジネスローン解説ナビトップ > 無借金経営は信用度が低い

無借金経営は金融機関からの信用度が低くリスクも存在する

会社を経営している事業者の中には無借金経営で頑張っている方もいて、この無借金経営を目指すということは非常に健全ではあるのですが、実は大きな落とし穴が存在します。

これがどんな落とし穴かというと、もし資金繰りに困った時や事業を拡大するなどの際に資金を必要とした場合、ビジネスローンに限らず他の金融商品の審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまうということなのです。

無借金経営をしている事業者の方は、今まで一度も借金をしたことがないので会社の信用度が高いと勘違いしている方も多いのですが、無借金経営は融資を実行する金融機関からすればむしろ正反対の考え方で、今まで融資の借り入れ実績がありませんので、その会社は信用度が低いと判断されてしまうのです。

例えばの話ですが、ある会社が毎年利益が上がってるしそろそろ事業を拡大しようと考えた場合、多くの資金が必要になります。そこで融資をお願いしようとビジネスローン申し込みを行った場合、金融機関では「今まで借り入れをしてこなかったのに融資を必要とするということは、相当資金繰りに困っているのではないか?しっかりとした返済能力がないのでは?」と、勘ぐられてしまうことがあります。

無借金経営は素晴らしいことだと周りから褒め称えられるので、良いことだと思われがちですが、いつまでも会社が安定した利益を上げられるとも言い切れませんし、どこかのタイミングで金融機関からの融資が必要になってくるかもしれませんので、今現在は特に必要性がないとしても少額でも良いので融資を受けて実績を作り、しっかりと今後に備えておくというのも立派な経営戦略です。

そういう考えも踏まえた上で、今後も金融機関からの融資は必要がないという事業者の方は、無借金経営自体に問題はありませんが、この様なリスクが伴うということも頭の片隅に入れておいて下さい。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.