ビジネスローン解説ナビトップ > 開業資金や創業して間もない頃

開業時など実績がない場合の資金調達は日本政策金融公庫の「新創業融資制度」がおすすめ!

事業を始めようと考えているが開業資金が足りない場合や創業して間もない時などには、事業の基盤を作るという観点から見ても、設備投資をするために多くの事業資金を調達しなければいけないケースは多々あります。

開業時や創業時においてそこまで資金が必要にならないような事業も中にはありますが、そんな一部の例外を除いて、ほとんどの業種では必ずある程度のまとまった資金は必要になってきます。

またよくあるパターンですが、前もって計画的に自己資金を貯めていたとしても、蓋を開けてみれば当初の予想を超えた資金が必要だということが分かることもしばしばです。

そしてその費用が自己資金だけでは足りない場合には、自分の家族や友人から資金を貸して貰えると良いのですが、それが不可能な場合には、日本政策金融公庫や銀行などの金融機関で融資を受けることを検討する必要がでてきます。

その中でも、開業時や創業したばかりの時の融資先として一番おおすすめなのが、ズバリ日本政策金融公庫です。

なぜ日本政策金融公庫がおすすめなのかですが、これは開業予定の方や創業間もない事業者に対しての支援を目的とした「新創業融資制度」があり、通常では難しい事業の実績がない方の場合でも、積極的に融資を貸し付けくれるからです。

この融資制度を利用するには、自己資金が創業資本の3分の1が必要などの条件はあるのですが、ケースによっては無担保・無保証で1,500万円までの融資を受けることも可能なのです。

ただ一つだけ難点があるとするならば、この融資は審査から貸出しまでに約1ヶ月という時間が必要になりますので、借り入れの申し込みをするのであれば前もって計画的に行動する必要があるでしょう。

これに対して普通銀行では、創業間もない場合や開業に必要な資金の融資には消極的で、ある程度の事業年数を経過していない場合は融資が難しくなってしまいますし、今までの取引実績がないままで相談を持ちかけたとしても、全く相手にしてもらえない場合もあるのです。

この様なことから、開業時や創業まもない時の資金調達を考えた場合には、スムーズなスタートダッシュをするためにも日本政策金融公庫の融資制度を上手に利用して、融資申し込みの検討をしてみてはいかがでしょうか。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.