ビジネスローン解説ナビトップ > 複数の銀行と取引すべし!

ビジネスローンではメインバンク一行ではなく、複数の銀行と取引を!

どんな会社でも銀行と取引をしていると思いますが、メインバンクを決めて取引銀行を一行だけにしている経営者の方がたくさんいますが、これからの時代は一行取引しかしていない会社は、融資が必要になった場合に損をしてしまう可能性が高いです。

確かに今までは、融資に関する相談などもできていたことからメインバンク一行だけとの取引は融資を受ける側にとても良かったですし、銀行側も取引をしている会社が新たに他の銀行と取引を開始した場合は、難色を示され嫌がられるという側面がありました。

しかしこの考え方はビジネスローンにおいては間違いといっても過言ではなく、そもそもビジネスローンは融資に関する相談などもありませんし、決算書で融資の可否から融資枠などの条件が決まってしまい、借り入れることができる限度額も限られてしまいますので、一行でしか取引をしていない場合は、融資の限度額を越えてしまうとそれ以上の借り入れができなくなってしまいます。

例えば、メインバンクでビジネスローンの申し込みをして決算書のスコアリングの結果、融資枠が700万円だったとします。これはこの会社が利用できる限度額は、700万円までとなり、このメインバンクで限度額まで借り入れた場合は、それ以上の資金が必要になっても融資を受けることができません。

メインバンクだけでなく、他の銀行にもビジネスローンの申し込みを同時期にした場合は、必要になる決算書は同じ内容となりますので、この銀行でも700万円までの限度額が信用度として提示される可能性があり、その場合メインバンクと他の銀行の2行の限度額を足せば1400万円までの借り入れが可能になるのです。

このようにビジネスローンにおいては、一行だけでなく複数の銀行と取引することで、その分融資枠を獲得でき有利になります。

そんなに融資枠が必要がないという経営者の方もいるでしょうが、融資を受けるか受けないかは別と考えて、資金が必要になった時に取引銀行を増やしておくと有利になりますので、日頃からできるだけ複数の銀行と取引きしておくと良いでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.