ビジネスローン解説ナビトップ > スコアリングの項目について

スコアリングにはどのような項目があり、何が重要視されているか?

クレジットカードを作る場合や個人でキャッシングする場合でも必ず審査がありますが、その審査方法はスコアリングによって可否が決まっているのですが、これと同様にビジネスローンの融資を受ける際にも、同じようにスコアリングによって融資の可否を審査しています。

このスコアリングの特徴は、審査対象者に関する情報をもとに属性に合わせて点数変換していくというシステムで、その属性の点数変換によってクレジットカードを作る場合やビジネスローンなどで融資ができるかどうかの決定がされるのです。

ではスコアリングの中身はどの様になっているのかというと、これは審査を行う各会社でごとにブラックボックス(企業秘密)となっており、各社で属性の点数変換方法や審査の際に重要となる要素も多少異なっているとされていますが、基本的な部分に関してはどの会社もほぼ同じ項目を重要視しています。

そこでスコアリングシステムの際に重要視される項目を簡単に説明すると、年齢・年収・職業・勤続年数・住居形態・配偶者の有無・家族構成などの属性が一般的に重視されていて、これらの属性を元にコンピューターに入力して点数変換していくのです。

例えばの話ですが、クレジットカードを作るときに職業が大企業に勤めているサラリーマンとフリーターの人とでは、どちらが審査に通りやすいかといいますと、これは大企業に勤めているサラリーマンの方がスコアリングが高くなる可能性が非常に高いので、その分審査に通りやすいということになります。

この様に金融機関では、各属性をスコアリングによって合計点を算出し、信用評価をグループに分けてカードの発行や限度額を決定しており、この時の合計点が高ければ高いほど信用があると見なされ、クレジットカードの場合ですと限度額も高くなります。

ビジネスローンの場合でも基本的には同じで、融資対象者の年収や業務年数などの項目を元にスコアリングし、融資の可否や融資枠、金利、返済期間などを決定しています。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.