ビジネスローン解説ナビトップ > 日本政策金融公庫の記事一覧 > 日本政策金融公庫はこんな会社には貸したくない!

「貸したくない会社」と思われてしまうと融資に積極的な日本政策金融公庫でも借り入れは不可です

基本的に日本政策金融公庫は、民間の金融機関では融資を受けることが難しい企業を対象に資金調達の面でのサポート・支援を目的としていますので、利益を追求するというよりは幅広い会社にできる限り積極的に貸付けを行っています。

ただしそんな日本政策金融公庫といえども、こんな会社にはお金を貸したくないというケースは当然ながら存在します。

それではこの「貸したくない」についてもう少し噛み砕いて説明すると、これはいくら融資実行をする気があったとしても、やはり現実的に考えると貸し付けは不可能だと判断せざるをえない場合の事を指します。

では、どのような場合だと貸したくないと思われてしまうのかよくある例を出すなら、「そもそも融資資格の対象ではない業種を営んでいる会社」、「あまりにもビジネスプランが分かりにくく理解できない会社」、「調達した資金を何に使うのか明確でない」、「事業計画が一切ない」などといったことが挙げられ、このような場合ですと申し込みをしたとして、実際に借り入れすることはまず不可能でしょう。

次に先ほど挙げた例をさらに詳しくみていくと、まず融資資格に関してなのですが、これは日本政策金融公庫では融資対象となる業種について厳密に定めており、その融資対象に定められている業種の事業を展開している企業のみが融資の対象者となりますので、自身が運営している事業自体がそれに当てはまっていない場合は、申込みをすることすら不可となっています。

先ほど述べた、日本政策金融公庫が定めている業種に関しての詳しい情報は、公式ホームページの中でご確認下さい。

次に業務内容がいまいち分かりにくい企業についてですが、融資資格があったとしてもビジネスプランについて担当者にいまいち伝わらなければ融資の実行というのは難しく、自分がどのような仕事をしているのかを言葉で伝えることがもちろん重要になっていて、それが意外に難しいというのも分かりますが、当然ながら貸す側としては説明が分かりやすく事業の把握がしっかりとできなければ、それがどれほど利益が見込めるビジネスを行っていたとしても、担当者にとってはその全てが無意味になってしまうのです。

このケースにおいてよくあるのが、従来にはなかった新しいビジネスプランを提唱しているような会社にありがちなケースで、そういう意味では各業種においてのビジネスプランは、ほとんど前例がないような真新しいものよりも、昔ながらの誰もが理解できる分かりやすいものの方が好まれる傾向になっていることは致し方ありません。

次に実際に借り入れしたお金を何に使うのかが明確になっておらず、「資金が頼りないのでとりあえず借りたい」とか、「ザックリとこれぐらい必要だと思ったから」など借りる側がこのような曖昧な姿勢では、必ずと言っていいほど融資を受けることはできないと断言できるでしょう。

これは何も日本政策金融公庫が特別だからと言うわけではなく、どんな金融機関にも当てはまることでしょうし、そもそも個人間での貸し借りなどでもなぜそのお金が必要なのかを貸す側が明確に理解できなければ、貸したくないと思ってしまうのは当然でしょう。

また明確でないということは、何か言えないことを隠しているのではないかと怪しまれても仕方がありません。

信じられないかもしれませんが、資金の使い道がはっきりしていなくて、事業計画すらちゃんと考えていないアバウトな事業者というのは中小企業に至っては意外に多く、そもそも事業計画というものは融資するかどうかの判断材料として最重要と言ってもいいほどポイントになる項目ですので、実際にはそうだったとしてもただお金を借りたいという姿勢ではなく、申し込む前にちゃんと準備して、時には理由がない所にも考えることで理由を作って、第三者が見て納得できるような事業計画を立てるようにしないといけません。

日本政策金融公庫で融資の申込をしても実行まで至らなかった事業者の方の中には、審査が厳しく融資に対して消極的だと感じている方もたくさんいるようですが、自分の事業についてもう一度しっかりと見直して、自分自身が「貸したくない企業」になっていないかの確認をしてみてはいかがでしょうか。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.