ビジネスローン解説ナビトップ > 会社更生について

会社更生は経営権も財産も失う倒産法

会社更正という言葉を耳にしたことのある事業者の方も多いとは思いますが、この会社更生とは具体的にどのようなものかはご存知でしょうか?

会社更生とは民事再生と同じで、現状では経済的に厳しい会社であっても再建の見通しがある場合に適用される倒産法の1つで、民事再生の場合は個人から法人まで幅広く対応した再建手続きとなりますが、会社更正の場合は、株式会社に限定した比較的事業規模の大きい中小企業や大企業を対象とした再建手続きとなっています。

なぜ会社更生は事業規模の大きい中小企業や大企業が対象になっているのかというと、会社更生は銀行などの多くの金融機関が債権者となっているので、その債務金額も大きさや債権者を含め株主など多くの関係者が居ますので、利害関係の調整が複雑であるたがゆえに大企業に限定されているのです。

また会社更正の場合は、株式会社に限定した再生手続きという点以外にも民事再生とは異なる点が多くあり、まず民事再生では、再生手続きをした場合は債権者の協力がなければ手続きを行うことができませんが、会社更正の場合は裁判所に手続きの申請をすることで可能になります。

申請が受け入れられた日の当日に、会社が所有している全ての財産を裁判所が選任した管財人が管理を行うと同時に、民事再生では取締役は権限を維持できるのに対して、会社更正手続きでは、取締役は権限も失い管財人が経営も行います。

さらに民事再生では、債権者が債務者の財産を競売にかけることもできるのですが、会社更正は会社の財産は管財人の管理下にありますので、債権者は担保などを競売にかけることができなくなってしまい、債務の回収は裁判所が評価した金額の配当しか受けとることができないようになっています。

この様に会社更正の手続きを行えば、返済が不可能になってしまった場合でも会社は残りますが、大多数の方に迷惑をかけてしまいますし、経営者には経営権がなくなってしまいます。

会社更生の手続きは、規模の大きな中小企業の事業者でも申請ができますが、返済ができないからといって安易に手続きをするのではなく、債権者と充分に話し合いを重ねて熟熟考した上で、申請を行うようにして下さい。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.