ビジネスローン解説ナビトップ > 開業資金の借り入れは可能?

開業資金としてビジネスローンを借り入れることはできるのか?

これから会社を興そうと考えている方は、通常の銀行融資ではなかなか開業資金での融資を受けることができないので、ビジネスローンで融資を考えている方も多いと思います。

開業資金にビジネスローンの融資を利用するというのも1つの方法となりますが、一般的にビジネスローンの融資では提出書類に2期分の決済書が必要となりますので、最低でも起業してから会社の運営が2年経過していないと、融資を受けることは難しいでしょう。

では全ての金融機関で開業資金の借り入れが不可能なのかというと、開業資金でも借り入れできるところもありますので、事前に開業資金の融資が可能かどうかということを確認する必要があります。

銀行系やノンバンク系のビジネスローンの融資では、決済書で融資の可否から融資の内容まで全てが決定されるので、決算書が必要不可欠です。

通常のビジネスローンの審査では、決算書を元にスコアリングという方法で審査をしていますので、これから会社を起こそうとする場合は企業としての実績がありませんので、将来的に収益が見込める事業内容だったとしても、審査が不可となってしまい断られること可能性が多いでしょう。

開業資金での融資が可能となるビジネスローンの場合は、事業計画書や経営改善計画書などの書類が必要となりますので、通常のビジネスローンよりも申し込みに手間がかかってしまいますが、これらの内容次第で融資の可否が決まりますので、内容の良い計画書をしっかりと作成することが重要になります。

開業資金で融資が可能になった場合の融資内容に関してですが、融資枠は低く金利は高く設定されています。

また開業される場合でも、第三者保証人や担保が不要となる代わりに代表者本人の人的担保は必要となりますので、開業資金の融資を申請する前に個人的な借り入れがある場合はできるだけ完済する必要がありますが、現時点で完済ができないということであれば借り入れを少しでも減らす努力をするのがいいでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.