ビジネスローン解説ナビトップ > ビジネスローンのデリットについて

ビジネスローンで融資を受けるデメリットとは?

無担保・無保証・スピード審査と、ビジネスローンは通常の銀行融資や政府系金融機関に比べて、借り手にとって非常にメリットがある金融商品といえますがその反面、通常の銀行融資などに比べると金利が高くなり、融資の上限額が低く返済期間も短くなってしまうなどというデメリットがあります。

しかしビジネスローンの金利が高くなってしまうのは仕方がないという側面もあって、ビジネスローンは通常の融資とは違い不動産などの担保も不要ですし、第3者連帯保証人も不要となっているからです。

政府系の金融機関での融資や通常の銀行融資の様に、第3者連帯保証人や担保をしっかりと確保していると仮に融資した会社が倒産した場合でも、貸し手には最悪の場合の保証がありますので低金利での融資を実行することができるのですが、ビジネスローンは貸して側には保証がありませんので、金利を高くすることで貸し手側のリスクを低くするしかないのです。

またビジネスローンの返済期間が短いという点も同様で、無担保・無保証での融資となりますので、貸し手側のリスクを考えると仕方がないことだといえるでしょう。

さらに、ビジネスローンの大きな特徴の1つにスピード審査を挙げることができますが、これがデメリットになってしまう場合があり、ビジネスローンでの融資審査は必ず会社の決裁書が一般的に2期分必要になります。

ビジネスローンのスピード審査の理由は、決済書に書かれたことをデータベースに入力するだけで、自動的に審査が完了し直ぐに融資の可否がでますので、決済書の内容が悪い場合はその瞬間で自動的に融資が不可能になってしまいますので、翌年の新しい決済書ができあがるまで融資の申し込みをすることができなくなってしまいます。

そしてビジネスローンは通常の銀行融資などとは違い、融資担当者と直接会って話をする機会などありませんので、交渉の余地は全くないということもデメリットの1つでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.