ビジネスローン解説ナビトップ > ビジネスローンに第三者保証人は不要

ビジネスローンは個人連帯保証人のみで、第三者保証人は不要

事業融資を受ける場合に、第三者連帯保証人を立てなければいけないと思っている方は多いのではないでしょうか?

そんなイメージから、中小企業の事業者の方や個人事業主の方の中には、事業融資の審査も申請せずに諦めてしまっている方もいるでしょう。

確かに政府系の金融機関での融資や、通常の銀行融資では第三者保証人が必要になりますが、ビジネスローンにおいては第三者連帯保証人は不要ですし、不動産などの担保も必要がありません。

このように言ってしまうと、ビジネスローンの申し込みには無担保・無保証で何も必要ないと勘違いされがちなのですが、ビジネスローンの場合でも他の融資の申請と同じように、会社の代表者全員分の個人連帯保証は必要となっています。

分かりやすく説明すると、ビジネスローンにおいて物的担保は全く必要ないのですが、会社自体が担保になるということで、中小企業の場合は会社は事業主となりますので、個人連帯保証は代表者である事業者のみで申請することができるのです。

またビジネスローンは、この個人連帯保証人だけでの融資の申請ができるので、政府系の金融機関の融資や通常の銀行融資のように、第三者連帯保証人になってくれる人を探すのに時間を費やす必要もありませんし、何よりも事業資金の融資を考えた場合に、迅速に審査の申し込みを行なうことが可能です。

仮にですが会社が倒産したり返済が不可能な状況になってしまった場合にも、返済義務は事業者本人になりますので、事業者以外の誰かに迷惑が掛かってしまうということもありません。

さらに以前までは中小企業の事業主の個人連帯保証は絶対に避けられないようになっていましたが、現在ではとても少ないですが個人連帯保証人も不要なビジネスローンも存在しており、これは保証会社に保証料を支払うことで個人連帯保証人も必要がなくなるというケースです。

ですがこのケースでも返済が遅れてしまった場合、保証会社が代わりに建て替えてくれているだけで、保証会社にその分の返済はしなければいけませんので、個人連帯保証人を避けるということは当然ながらできません。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.