ビジネスローン解説ナビトップ > 粉飾決算をもちかけるブローカーに注意!

経営者に粉飾決算をもちかけてくる悪徳ブローカーについて

ビジネスローンの審査では赤字の決算書や債務超過の場合は、申し込みをしても必ず審査で落ちてしまいますので、ビジネスローンでの審査を通過するには、資本金を増やして赤字や債務超過を防ぐか、赤字や債務超過を少しづつでも利益転換できるように地道に事業を行うか以外に方法はありません。

しかし利益を上げるといっても、赤字や債務超過の状態で改善することは実際のところかなり難しく、融資を受けることもできませんので多くの事業者の方が頭を悩ませています。

そこで注意していただきたいのが悪徳ブローカーという存在で、このブローカーは赤字や債務超過で悩んでいる事業者につけ込んで粉飾決算を持ちかけてきて、事業者の方も実際に赤字や債務超過になってしまって、どうしても資金が必要だという時に粉飾決算の話を持ちかけられると、悪いことだと分かっていながら、手を染めてしまうというケースも近年では多発しています。

粉飾決算をすれば、確かに一時的に融資を借り入れることが容易になるかと思いますが、粉飾決算で得た資金の中から手数料として多額の費用をこのブローカーは請求してきますし、そもそも粉飾決算というのはありもしない利益を意図的に上げているので、年々本当の売り上げとの誤差が生じてしまい、銀行から決算書の提出を求められた時には、また粉飾決算をしなくてはいけなくなってしまうのです。

そうなるともう地獄に落ちたも同然で、いつまでも悪質なブローカーに頼らなくてはいけなくなり、その度ごとに多額の手数料を報酬として取られてしまいます。

また利益がないのに表面上は利益を上げていることになりますので、当然ながらその分の税金は納めなくてはいけなくなりますので、更に苦しい状況に追い込まれてしまう可能性が非常に高いのです。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.