ビジネスローン解説ナビトップ > アセットファイナンスについて

企業の資産を利用するので、業績や信用とは関係なく資金調達できるアセットファイナンス

アセットファイナンスとは金融機関から受ける融資とは違い、企業が所有している資産を使用して資金調達を行う方法になります。

その仕組みを解説すると、通常の融資では企業の事業内容などを入念に審査して、貸倒れになってしまわないかを判断して銀行などの金融機関は貸し付けを行っているのですが、それに対してこのアッセットファイナンスは、企業が持つ資産が生産する収益の良し悪しによって判断するのです。

この場合における資産とは、不動産以外に売掛債権なども資産として扱うことが可能で、それらの資産を特別目的会社(SPC)に売却することで資金調達を行う方法や、売掛債権をファクタリングして資金調達を行う方法がなどがあります。

SPCに資産を売却する場合、SPC側は購入した資産を証券化して保有することで得られる権利を「受益証券化」という形にして投資家に販売を行う仕組みになり、売掛金をファクタリングする場合には、本来は自社で行う売掛債権の回収業務をファクタリング会社行ってその利益を得るという方法になります。

このアセットファイナンスの大きな特徴は、資金調達をする上で企業の業績の良し悪しは全く関係がないということです。

通常の銀行融資とは違ってアッセットファイナンスは、仮に資産を売却した企業が倒産したとしても、購入した資産が生産する利益によって資金の回収が可能になりますので、企業の信用というのは全く関係がないのです。

また売掛金をファクタリング会社に売却した場合も、ファクタリング会社と企業は売掛債権の売買を行っただけの関係となりますので、売掛債権の購入先企業の信用の有無はどちらでもよいのです。

ただしアッセットファイナンスで資金調達するには、とにかく売却する資産の質が大変重要で、しっかりと利益を生み出すことのできる資産であるということがポイントになり、立地条件の悪い不動産や業績の悪化している企業の売掛債権などは対象外となりますので注意して下さい。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.