ビジネスローン解説ナビトップ > 赤字の状況で融資を受けるのは無理

ビジネスローンの融資を受けるなら赤字はダメ!

ビジネスローンは融資を受けやすいと思っている事業主の方が多いと思いますが、融資を受けやすいからといって会社に赤字を出しても良いという訳ではなく、赤字になった場合にはビジネスローンだとしても融資を受けることは非常に難しいということを理解してください。

なぜ赤字になると融資をうけられないかといいますと、通常の銀行融資の場合は赤字でも将来性がある会社や黒字回復が見込める場合は、事業が継続できるくらいの資金を融資してくれることも多々ありますが、ビジネスローンの審査は決算書だけを元に審査をしますので、この決算書の内容が悪い場合はほぼ融資は受けることはできません。

これはビジネスローンの審査方法が、スコアリングシステムを採用していることが原因で、「会社の良さは、決算書だけではわからないじゃないか!!」と怒り心頭になってしまう事業者の方もいると思いますが、ことビジネスローンにおいては仕方がないことなのです。

ですのでビジネスローンで融資を受けたいと思うなら、業績が悪い場合は赤字になってしまわないように黒字にすることが重要なのですが、だからと言って粉飾決済をしてしまうことは、会社を完全にダメにしてしまいますのでここは絶対に避けてください。

また赤字ではないけれど、少しの黒字程度でも融資は難しいと判断されてしまうケースもありますので、ビジネスローンを申し込むのであれば常日頃から赤字を出さないことはもちろん、業績を黒字にする方法を考える必要があるのです。

赤字ではないけどほんの少しの黒字程度という場合においては、翌年の決算期を迎えるまでに業績を伸ばすことを考え、前年に比べてしっかりとアップしていれば、問題なく融資を受けることができますので、しっかりと黒字経営を目指すということが融資を受けることで重要になってきます。

この様に小さくても黒字を出している会社でも融資不可となってしまうケースもあることから、なおさら赤字はダメだということになるのです。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.