事業で利益を得られる資産を担保に融資を受けられるABLは、中小事業者にとっては画期的!

ABLとは「動産・債権等担保融資」のことで、売掛金・在庫・その他の資産など事業資産から獲得することができる利益を担保にすることで融資を利用することをいいます。

また売掛金や流動資産だけでなく、事業に関わる利益を生むものであればそれらを担保にして融資を受けることが可能で、このような流動資産を担保の主体とした融資のことをABLと言います。

これは必ずしも利益を担保にすれば融資を利用することが絶対に可能というわけではありませんが、通常の融資でも不動産や連帯保証人など何かしらの担保を抑えておきたいというのが融資する側の金融機関の本音で、不動産などの担保を提供することが難しい事業者にとっては、大変画期的な融資手法となるでしょう。

しかし現状では、このABLを利用して融資を受けるというのは日本においてはまだまだ発展途上で、資金調達の手段として一般的に普及されていないので認知している事業者も少なく、またABLを知っている事業者でも利用に関しては消極的というのが現状です。

ではなぜ消極的なのかなのですが、利益を担保にするというのは画期的なものではありますが、取引先に事業資産を担保にすることでしか融資を受けることができない企業ということで、信用度の面において何かしらの影響がでる可能性があると考えられている点が、主な原因だといえるでしょう。

また金融機関も、不動産以外で事業に関わる利益を生む何かを担保にしても、それが仮に家畜などの場合では融資先企業が債務不履行になってしまうと、担保の処分方法が分からなかったり面倒だという理由から、あまりABLでの貸付けを事業者に情報提供していないことなども普及していない原因だと言えるでしょう。

上記のようにABLが今よりもさらに認知・普及していくには大きな課題はありますが、今後それらが改善されていけばまた違った展開になり、新しい資金調達の手段として選択肢が増える期待ができるでしょう。


ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.