「ビジネスローン解説ナビ」はビジネスローンに特化した情報サイトです

「ビジネスローン解説ナビ」では融資が必要な方、素早くキャッシュを得たい方に向けて、主にビジネスローンを集中的に紹介しているサイトです。

用意しているコンテンツの内容は、ビジネスローンを受けるに当たっての基礎知識はもちろんのこと、金利や融資が実行されるまでの時間や行われる審査の方法についてなどのよくある質問や、実際に借り入れの申し込みを考えている方には少しでも融資を受けられる可能性を高めるために必要な知識や、注意点について、またはお金を借りることができたはいいけど返済ができなくなって困った場合についてのことなど豊富な情報を公開しています。

ビジネスローンは無担保や無保証人で、銀行や国金などの金融機関と比較してもスピーディな融資を受けられるなど非常に多くのメリットがありますので、借入れをお考えの方に当サイトの内容が参考になれば幸いです。

当サイトのビジネスローン・事業融資の人気ランキング

ビジネクスト 【全国で4万人以上の利用実績&最短即日のスピード融資】

ビジネクストは、個人事業主や中小企業をサポートするために2001年1月に設立された金融サービス会社で、これまでに40,000人を超える事業者への融資実績を誇ります。

利用限度額は100万円以上の場合だと実質年率8.0%〜15.0%で、100万円未満の場合は実質年率13.0%〜18.0%となっており、融資額は最高1,000万円で可能で、資金使途も事業の範囲内であれば自由に利用することができます。

ネット申し込みから郵送で完結しているので来店不要ですし、最短即日で融資を受けられるので数多くの事業者から支持を得ています。

商号利息(実質年率)融資額
ビジネクスト株式会社8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)
1万円〜1,000万円
※新規取引時は上限500万円

必要事項を記入するだけなので3分で申し込みが完了し、最短即日で審査が完了しますので、併用やつなぎ融資としての利用にも便利です。



みずほ銀行カードローン

日本の3大メガバンクの1つのみずほ銀行カードローンは、24時間申し込みが可能で、最短即日で審査が終了。

10万円から借り入れが可能で最高限度額は1,000万円、4.0%〜14.0%という実質年率は銀行系カードローンの中でも、トップクラスの充実した内容です。

忙しい方やお急ぎの方などは、他の金融商品と比較しても内容的に勝るとも劣らず、知名度と安全性が非常にみずほ銀行カードローンを利用するということは、1つの選択肢としては充分におすすめできます。

商号利息(実質年率)利用限度額
みずほ銀行カードローン4.0〜14.0%最高1,000万円



常陽銀行キャッシュピット

常陽銀行が提供するカードローン「キャッシュピット」は、借りたいときにいつでもすぐにキャッシングできるシステムとなっています。

常陽銀行と取引がなくても申し込みができ、無担保・無保証で利用限度額も1万円〜最大で500万円まで借り入れることができます。 金利も7.8%〜14.8%と低く設定されているので個人事業主・法人の事業者の方達でも満足の行く融資をお願いすることが可能となっています。

また銀行からの借り入れは、総量規制対象外となりますので、 年収の3分の1の借り入れがある方でも安心して申し込みをすることができるようになっています。

商号利息(実質年率)融資額
株式会社常陽銀行7.8%〜14.8%1万円〜500万円



日宝

日宝は、不動産担保ローンにおいて33年の実績がある消費者金融業者で、融資のことで分からないことなど選任のスタッフが日本全国の方を対象にサポートしてくれます。

不動産担保ローン以外にも無担保ローンのサービスも備えているので資産をお持ちでない方でも融資を受けることが可能となっています。

無担保ローンの場合ですと、融資金額は10万円〜50万円となっていて実質年率は15%〜20%となっています。

大きな融資が必要な場合は、不動産担保ローンを利用すれば融資金額が50万円〜最大5億円までの融資が実質年率4.0%〜9.9%で受けることが可能となっています。

商号利息(実質年率)融資額
日宝4.0%〜9.9%50万〜5億円


ビジネスローンの特徴とおすすめの事業者について

<ビジネスローンって?>

中小企業など、比較的小規模な会社経営者や自営業や個人事業主などを主な対象とししている、無担保事業者ローンの1つ。

銀行など通常の金融機関からの融資と比べて、申し込みに必要な書類が少なくすみ、審査から実行までスピードが早いので、緊急で資金が必要な場合にも対応できるという点で人気の事業融資です。

<メリット>

ビジネスローンのメリットは、最短即日から〜5日ぐらいと実際に資金を借入れできるまでの時間が早いことと、無担保・無保証人でまとまった資金調達ができるという点にあります。

<デメリット>

逆にデメリットは、その他の金融機関からお金を借りるよりも金利が高く限度額が低いという点と、返済までの期間が短いという点が挙げられるでしょう。

また融資が受けられるかどうかの審査方法が機械的なスコアリング方式によって行われるため、申込者の属性が悪い場合は自動的に弾かれてしまうこと、また担当者がつくこともありませんので交渉の余地はないというところでしょう。


以上がビジネスローンの簡単な特徴になるのですが、事業者の方は事業を行うに辺り現金が必要になるケースが多々あると思います。

例えば、新しく設備投資をしたり、事業を拡大する、取引相手への支払いなどで出費が重なり、運転資金が必要になったりと事業者にとって現金は会社を運営する中でも一番重要になることは言うまでもありません。

キャッシュを多く持っている事業者や安定した運営を続けている事業者の場合は、銀行融資も受けやすく安心して事業を進めることができますが、キャッシュをあまり持っていない事業者や開業して間もない事業者の場合、手掛けている事業を拡大したいと思っても銀行融資審査が厳しく時間がかかってしまい、キャッシュがないからと諦めたり、事業自体は上手く運転できていても売掛金の支払いが得意先の都合で遅れ、突然事業の運転資金が不足してしまい事業の存続自体が危険に去らされてしまう場合も多々あると言えます。

様々な状況が考えられますが、事業をする上では必ず起きてしまうことなので仕方がありません。そんな時、事業者の方にビジネスローンの検討をおすすめします。


【当サイト対象地域】

<北海道>

北海道

<東北>

青森岩手宮城秋田山形福島

<北陸・甲信越>

山梨長野新潟富山石川福井

<関東>

東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬

<東海>

愛知静岡岐阜三重

<関西>

大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山

<中国>

岡山広島鳥取島根山口

<四国>

徳島香川愛媛高知

<九州>

福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島

<沖縄>

沖縄



<新着情報>

2015年08月14日 信用保証協会の保証限度額についてのページを追加しました

2015年08月04日 日本政策金融公庫はこんな会社には貸したくない!のページを追加しました

2015年03月04日 第三者保証人等を不要とする融資のページを追加しました

2015年02月13日 新創業融資制度についてのページを追加しました

2015年02月05日 マル経融資についてのページを追加しました

2014年12月25日 普通貸付についてのページを追加しました

2014年12月07日 日本政策金融公庫に申し込む際の必要書類のページを追加しました

2014年12月07日 日本政策金融公庫の融資までの一連の流れのページを追加しました

2014年12月07日 ズバリこんな会社に貸したい!のページを追加しました

2014年12月07日 数ある種類の融資制度から何を選べばいい?のページを追加しました

ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンQ&A

ビジネスローンを借りるために!

資金使途・融資が必要な時

その他の融資

返済できなくなったら

Copyright(C) ビジネスローン解説ナビ <事業融資・借入れの申込みはココ!> All Rights Reserved.